高収入のLPガス会社の求人

LPガス会社求人TOP >> 条件別の求人 >> 高収入のLPガス会社の求人

高収入のLPガス会社の求人

業務内容がハードではなく、安定した仕事であるため、人気を集めているLPガス会社への転職ですが、収入面では一般的な会社員と比較すると、同程度か若干低く感じる収入となっています。日本の会社員の平均月収は約25〜30万円前後、平均年収は約500万円前後が相場となっています。LPガス会社の平均年収はおよそ300〜500万円程度です。職種により、ばらつきがありますが、月の決まった期間で仕事をする検針や集金スタッフであれば、年収は100〜250万円程度とかなり低くなります。

LPガス会社では、本人の頑張りが高収入につながるとは言い切れません。営業職などでも、新規開拓を行いますが、会社によっては各営業担当者にノルマが課されるということもないため、獲得契約数が直接収入に反映されるという訳ではありません。また配達スタッフなどでも、決まった周期でガスの確認や配達・交換を行うため、配達数によって収入が増えるわけでもありません。

LPガス会社で高収入を得るための、一つの方法は国家資格を取得することです。基本的には、高圧ガス第二種販売主任者、液化石油ガス設備士などの資格があります。合格率も高いため、過去問などで対策をしておくことで合格できるでしょう。中には工事スタッフとして転職することもあるでしょう。ガスに関わる資格だけではなく、電気工事士、給水装置工事主任技術者、建設施工管理技士などの資格を取得しておくことで優遇される可能性もあります。また、土日の出勤や夜間の宿直などを、積極的に行うことで発生する手当などを含めると高収入につながることもあります。

正社員としての雇用ではないものの、歩合型の営業として採用される人材もいます。「ブローカー」という職種で呼ばれ、新規の契約を1件獲得することで報酬が支払われることになります。報酬単位は会社により異なりますが、頑張り次第で高収入も十分に可能な職種といえます。また検針業務や集金業務も歩合制である場合が多い職種です。担当する地域の契約者数なども関係しますが、こうした職種も短期間で高収入を得る方法の一つとなっています。

一般企業に比べると、収入は少ないのが事実ですが、働きやすさゆえに離職率が低いのも事実です。そのため、LPガス会社への転職はある程度の収入を得て、プライベートの時間をしっかりと取り分けたい人にとっては魅力的な業種と言えるでしょう。スキルアップをして、収入をドンドン増やしたい人には物足りない業界かもしれません。

LPガス会社の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2015-2018 LPガス会社転職ランキング All Rights Reserved.