LPガス会社の歴史と社会的地位

LPガス会社求人TOP >> LPガス会社に関するコラム >> 歴史と社会的地位

LPガス会社の歴史と社会的地位

LPガス会社の歴史

LPガスは主に家庭用を中心に、古くからライフラインを支えるエネルギーとして使用されてきました。 国内で家庭用に使用されている主なエネルギーとしては、電力・都市ガス・LPガスの3種類がありますが、電力・都市ガスは大規模投資が必要になるために公共性の高い事業として保護されてきました。 一方LPガスは、他のエネルギーと異なり1996年に自由化され、事業としての大きな変革期を迎えました。 自由化後のLPガス事業は競争が促進され、事業者間でお客さんを獲得し合う市場となりました。 エネルギーの特性としては、電力や都市ガスが集団供給を行うために電線や都市ガスの配管網を整備しなくてはいけないことと比較すると、ボンベと消費機器・燃焼機器を設置すれば使用が可能となるため、様々な場所や用途で使用することが可能な点が特徴です。 自然災害により電気・都市ガスが使用できなくなってしまった場合でも、被災地での炊き出しや簡易住宅へのエネルギー供給等で使用される災害に強いエネルギーです。 また、製造から使用までのCO2排出量が少ないクリーンなエネルギーである点も1つの特徴です。

LPガス会社の社会的地位

LPガスはお客さんの生活を支える重要なライフラインを供給する仕事でありながら、社会的地位はさほど高くはありません。 その要因は様々ではありますが、1つにはLPガスの仕事がきつい・危険・汚いといういわゆる3Kに近い仕事だというイメージが影響しています。 たしかにLPガスは取扱を間違えると爆発の恐れがある危険物で、配送を行う際には重いボンベを運ぶ必要があり、工事等を行えば衣服が汚れることもありますが、イメージほど劣悪な仕事環境はありません。 また、他の要因として競争が自由化されて以来、同業者間での顧客獲得競争が激化し、無償の設備投資や他社の批判を営業行為として行うことが一般化し、同業者間でイメージを落としあってきた事実があります。

LPガス会社と都市ガス会社の役割

LPガスと都市ガスはそれぞれ家庭用エネルギーとしてのシェアを約50:50の割合で分け合っています。  同じガスという名前がついているものの、原料や比重、供給形態は大きく異なるもので、会社数も都市ガス会社が全国で約200社に対してLPガスは2万社以上の会社があると言われています。  それぞれの役割の違いとしては、都市ガスが比較的平坦な都市部で集団的にガスを供給しているのに対し、LPガスは都市ガス供給以外のエリアをカバーしているような状況です。

LPガス会社の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2015-2018 LPガス会社転職ランキング All Rights Reserved.