LPガス会社の営業職の求人

LPガス会社求人TOP >> 職種別の求人 >> LPガス会社の営業職の求人

LPガス会社の営業職の求人

LPガス会社の営業ってどんな仕事をするの?

LPガス会社の営業職はルート営業(すでにご契約頂いているお客さん中心の営業)・新規営業の大きくわけて2つの種類があります。 ルート営業では、毎月LPガスをご利用頂いているお客さんにガス機器などの関連商品を提案したり、故障やトラブルが発生した際の対応をしたりすることが主な仕事です。 故障やトラブル対等では、その場で工事をして直すこともありますし、メーカーなどに修理を依頼することもありますが、どちらのケースでも機器や設備に関する知識や経験が必要不可欠です。

会社によってどのようなお客さんが多いのかは異なり、一般の戸建て・一般の集合物件・法人顧客・工場等の顧客など、様々なお客さんが存在します。 新規営業はその名のとおり新しいお客さんを増やしていくことが仕事です。 LPガス会社内での「お客さん」の定義としては、LPガスをご契約頂いている消費者を指す場合がほとんどですので、新規営業を行う際にはガス機器等を販売して回るのではなく、LPガスを契約してもらえるように提案をして回ることが仕事となります。 営業職の多くは、ルート営業と新規営業のどちらか一方を専門的に行うことは少なく、ルート営業を回りながら紹介や近隣挨拶などで新規営業を行うことが一般的です。 1日の業務量の割合のイメージで言えば、ルート営業が8割、新規営業が2割といったバランスです。

LPガス会社の営業って給料はどれくらい?

LPガス会社の営業職の給料はおおむね250万〜450万円ほどです。 ルート営業と新規営業を同時に行っている場合であれば、販売台数や新規獲得件数に応じたインセンティブは車や住宅の営業と比較するとあまり多額なものではなく、待遇が安定的な営業職であると言えます。

また、LPガス会社では様々な手当が整備されている会社が多く、LPガスのトラブル対応に備えての夜間宿直や出動に対する手当や、液化石油ガス設備士や高圧ガス販売二種、危険物取扱主任者等の資格に対して手当が支給されることも魅力です。  LPガスの営業職は業界内でブローカーと呼ばれる非正規社員も存在しますが、ブローカーの場合は正社員と異なり契約1件に対して報酬が支払われます。  仕事の内容自体は新規営業とさほど変わりませんが、処遇や給料は全く異なりますので確認が必要です。

LPガス会社の営業ってどんな人が向いている?

 LPガスの営業では一般・法人問わず必ずお客さんとコミュニケーションをとりながら仕事をすすめていきますので、人とコミュニケーションをとることが好きな人には適職です。  LPガス会社の営業職はあまりがつがつとした営業ではない点が1つの特徴といえますので、営業をしながら工事をしたりですとか、営業目的ではなくお客さんを訪問したりですとか、一定数の担当を持ちながら定期的にお客さんを訪問していき、長期間にわたって信頼関係を築くことができます。  新規営業では当然のようにお客さんに断られることがありますので、お客さんにはお客さんの事情があることを理解し、あまり悩みすぎず訪問の数を稼げる人が結果を残していることが多いです。

LPガス会社の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2015-2018 LPガス会社転職ランキング All Rights Reserved.