LPガス会社の転職と資格

LPガス会社求人TOP >> LPガス会社の転職の基礎 >> LPガス会社の転職と資格

LPガス会社の転職と資格

仕事上で必要不可欠。LPガス関連の資格

LPガスは取扱方法を誤ると事故を引き起こす危険性があるため、高圧ガス保安法・液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律(通称:液石法(えきせきほう))等の特別法によって一定程度の規制がされています。 設備や施設、拠点から消費者の距離などにも規制があり、事業運営においては、取り扱うガスの種類や規模、行う作業内容に応じて必要な資格が定められています。 営業上必要な代表的な資格としては、

@高圧ガス第二種販売主任者
A液化石油ガス設備士


の2種類がありまして、どちらも国家資格で毎年11月頃に試験が開催されます。  試験日は同じ日ですので、1年に1つの資格しか挑戦することができず、また試験自体も年に1度しか開催されないため、計画に取得をすることが好ましいといえます。  どちらも取得の難易度はさほど高くなく(設備士は学科だけでなく実技試験があるため、若干向き不向きがあります)、ある程度対策をしておけば十分です。  協会が行っている講習会等もありますので、活用してみてはいかがでしょうか。

 また、簡易ガス事業を行っているLPガス会社であれば、丙種ガス主任技術者という資格を取得していると非常に重宝されます。

工事に提案に大活躍!工事関連の資格

日常の仕事の中で、LPガスをご利用頂いているお客さまから故障等の対応を依頼されたり、営業で訪問した際にちょっとした営繕を行う機会があります。 そのような時には、既述のLPガス関連の資格ではなく、電気工事士や給水装置工事主任技術者、建築施工管理技士等の資格やスキルが大活躍します。  LPガス事業だけを行うのであれば、こういった資格の取得はマストではないため、資格者が十分にそろっている会社は少なく、転職の際には非常に強力なアピールポイントとなります。

 合わせて、福祉住環境コーディネーターの資格を保有していると、これからの少子高齢化時代に合わせた提案が可能となります。

エコなライフスタイルをご提案。環境関係の資格

最近では一般消費者の中でもエコなライフスタイルに対する注文度が非常に高まっており、ガス関係の機器も高効率化してきています。 LPガス会社からすると、使用量が減少することは大きな痛手となりますが、お客様の生活と地球環境を考えると環境関係の資格や知識は必要不可欠です。 資格の種類は豊富で、代表的なものとして商工会議所が推進しているeco検定、経済産業省が推進している家庭の省エネエキスパート、環境省が推進している家庭エコ診断士など、

LPガス会社の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2015-2018 LPガス会社転職ランキング All Rights Reserved.