LPガス会社の転職の志望動機

LPガス会社求人TOP >> LPガス会社の転職の基礎 >> LPガス会社の転職の志望動機

LPガス会社の転職の志望動機

地域貢献がキーワード!?優等生タイプの志望動機

LPガス会社の志望動機で最も優等生な答えは地域への貢献や、ライフラインを提供しお客様の生活を支えるといったところだと思います。 LPガス会社には法律により「保安距離」というものが定められており、店舗から20km(もしくは30分で到達できる距離)圏内のお客様にしかサービスを供給することができません。

また、多くの会社ではお客様ごとに営業担当者が決められているため、自分のお客様という意識が強くなっていきます。 そういった事業的な背景を持ちながら毎日仕事をしている影響からか、LPガス会社で働く社員の多くには、自然と社会や地域への貢献という意識が根付いていることが多くあります。 そのため、採用の判断をする経営者や人事担当者にとって「地域貢献」という志望動機は自然と受け入れやすいものであり、特に違和感がなく受け入れられる可能性が高いです。 志望動機以外でアピールポイントがある場合や、無難にこなしていけば採用の可能性が高い場合などは、特に優等生タイプの志望動機が好ましいといえるでしょう。

スキル・技術をいかします!手に職タイプの志望動機

LPガス会社では、配管を加工するような工事やお客様の家屋を修繕するような作業から、リフォーム・太陽光発電等の大規模な工事までを担当する可能性があるため、専門的なスキルや技術をもった社員が重宝されます。 特に、現場レベルでは電気工事士や給水装置工事主任技術者、建築施工管理技士等の資格やスキルが、建設業許可を取得している会社では建築士の資格を保有していると転職の際に非常に有利になります。

もしそういったスキルや技術を保有している場合は、志望動機として経験やノウハウを活かした仕事がしたいとアピールすると効果的です。 また、営業という側面では、前職で車のディーラーや生命保険の営業など、個人向けの訪問営業を経験している場合は、比較的抵抗感が少なく新規のお客さん開拓の仕事を行うことができ、また結果が出ることも少なくないため、経験を活かすという志望動機を同時にアピールポイントとすることができます。

包み隠さず正直に。個性派タイプの志望動機

転職の際の志望動機は既述のように地域や社会への貢献をアピールするか前職でのスキルや技術を活かしたいという気持ちを伝えることが無難だと思いますが、より自己アピールを高めたい時におすすめのキーワードがあります。

それは「社長になりたい」「偉くなりたい」という気持ちやフレーズです。 最近の傾向として、若手社員であっても安定志向が非常に強いという特徴があるため、エッジが立った社員は貴重な存在となりつつあります。 もちろんウソをつく必要はありませんが、もし上昇志向が強い場合は、包み隠さずに志望動機に記載をすることで、経営陣や人事担当者の目に留まることがあるかもしれません。

LPガス会社の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2015-2018 LPガス会社転職ランキング All Rights Reserved.