LPガス会社の採用職種の分類

LPガス会社求人TOP >> LPガス会社の転職の基礎 >> LPガス会社の採用職種の分類

LPガス会社の採用職種の分類

足でコツコツ稼ぐ、ルート・新規営業職

あまり一般的にイメージがわくものではないかもしれませんが、LPガス会社内でも「営業職」と呼ばれる社員が多く在籍しています。 最近では女性の営業職を採用する会社もでてきていますが、業界内営業職の90〜95%は男性が占めているでしょう。 一口に営業職と言っても会社によってその定義や仕事内容は様々あります。

どこの会社も共通して行っているのは、自社・他社問わずLPガスを契約して使用して頂いているお客さんを訪問し、何らかの問題解決や提案営業を行うことです。 営業を行う際には、すでにLPガスをご利用頂いているお客さんにガス機器などの関連商品を提案する場合(ルート営業に分類されます)と、自社のLPガスをご利用頂いていない一般家庭や業務用の消費者を訪問しLPガス新規契約の提案を行う場合(新規営業に分類されます)の大きく2つに分類されます。 ルート営業は、セールスエンジニアのように故障やトラブルの対応やお客さんの問題解決と販売を同時に行うケースが多く、ほとんどの会社は下記のスタッフ職の仕事の一部を営業と同時に行っています。

新規営業は、社員として雇用された者が行っている場合と、雇用契約を結ばずに契約件数に応じた対価が支払われる場合(業界内ではブローカーと呼ばれています)があります。 LPガスの新規営業は消費者宅を訪問して提案することがほとんどですが、昨今規制が強化されている特定商取引法と消費者の在宅率の低下が影響し、訪問営業の難易度が高まりつつあります。

ルーティンワークが中心の配送・検針・集金スタッフ職

 LPガス会社で働く際にイメージがわき易い仕事は、営業職よりもルーティンワークが中心となる配送・検針・集金等を行うスタッフ職かもしれません。  配送はLPガスが充てんされたボンベ(LPガスをご利用されていた方はご覧になったことがあるかもしれませんが、ご自宅の裏側などにある灰色の円筒型のものです)をお客さんのご家庭にトラックで運ぶ仕事で、検針・集金は毎月のLPガスの利用量をご家庭に付帯されているメーターから計測し、料金をお支払い頂く仕事です。

 これらの仕事は専門の社員を雇用している場合もありますが、営業職と兼任して社員が行っているケースや、特定の仕事のみを行うスタッフに業務委託をしているケースが多くみられます。  スタッフ職を希望される際には、契約形態や職務内容、賃金体系を確認することが重要です。

人事・財務・企画等の管理スタッフ職

 町の小さなガス屋さんでは、人事・財務・企画等の管理系の仕事は社長や社長の家族が経営のかたわらで行っている場合がほとんどです。  ある程度の規模の会社になると人材・財務等の管理系のスタッフを社員として雇用している場合が見られますが、LPガス会社はマーケティングや販促活動に対して投資を行う文化が希薄なため、企画系のスタッフが募集されているケースは非常に稀でした。

最近では、都市ガスや電気の完全自由化に伴う競争の激化に備え、企画系スタッフの注目が徐々にではありますが高まってきています。

LPガス会社の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2015-2018 LPガス会社転職ランキング All Rights Reserved.