LPガス会社で求められる学歴

LPガス会社求人TOP >> LPガス会社の転職の基礎 >> LPガス会社で求められる学歴

LPガス会社で求められる学歴

これまでのLPガス会社は学歴不問

 これまでのLPガス会社では、学歴によって差が生じることはほとんどありませんでした。  おそらく、社員の中で最終学歴が大学卒業の比率を調べると、50代以上では10%未満、30〜40代で10〜20%程度に収まるでしょう。  そういった背景から、人事制度や制度以外の待遇においても、特に大学卒業が優遇されるといったことはなく、あるとしても採用基準として高等学校卒業以上を設ける会社が存在した程度でした。

 中途採用の場面においても、学歴を問われることはほとんどなく、前職の経験やスキル・技術が重視されていたようです。  一部の広域ディーラーなどでは、商社や元売り系の親会社から社長等の役員が赴任し、役員クラスには大学卒業者が数名いるというケースはあったようです。

最近では学歴で採用制限を設ける会社も

既述のように、これまでのLPガス会社では学歴が求められることはほとんどありませんでした。 そもそも、LPガス会社は雇用の安定性が高く、また急な事業規模の縮小・拡大が起きづらい業界であるため、毎年必ず新卒採用を行っているようなLPガス会社は少なく、縁故や何らかのつながりで採用された社員が多く在籍していることが特徴でした。

しかし最近では、団塊の世代の退職や、新規事業の展開等を始めた会社が増えてきているため、新卒・中途採用を定期的に行う会社が増えています。 また、新卒・中途問わず、最終学歴として高等学校や専門学校卒を基準とする会社が増えてきており、広域ディーラーなどでは最終学歴の基準を大学卒業としている会社もあります。 その背景には、競争が激化している業界の中で、少しでも早く戦力化できる人材を確保したいという目的があります。 一定程度の学歴がある人材であれば地頭が鍛えられており、仕事の覚えが早いという考えが広がっているようです。

LPガス会社に多い学部、学科

 LPガス会社では、LPガス関連の資格取得時に化学系の知識が、日々の仕事の中では工事等の技術が求められますが、社員を見ると特に理系や工業系の学部・学科の出身者が多いわけではありません。  最終学歴が高等学校卒業では普通科出身者が多く、大学卒業では経済学部・文学部・法学部等の文系の学部出身者が多いです。  転職を考える際には、工業系や理系の出身ではなくとも、仕事に必要な知識や業務は、日々の仕事を通じて取得していくことができますので、それ自体が不利な要因になることはなさそうです。

LPガス会社の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2015-2018 LPガス会社転職ランキング All Rights Reserved.