30代のLPガス会社の求人

LPガス会社求人TOP >> 年齢別の転職例 >> 30代でのLPガス会社の転職例

30代のLPガス会社の求人

●ガソリンスタンドからLPガス会社へ (35歳 栃木県宇都宮市在住)

高校卒業後、在学時からアルバイトをしていたガソリンスタンドに就職をしました。仕事の内容や職場の人間関係に問題は無く、30歳で新規オープンしたガソリンスタンドの店長を任されるようになりました。しかし、そのスタンドはガソリン代の高騰とセルフスタンドとの価格競争に負け、3年で撤退。会社は退職せずに他のスタンドで勤務をしましたが、店長との人間関係が上手くいかず転職を考えるようになりました。そんな時に、定期的に給油に来てくれるLPガス会社の社員から転職を勧められ、中途採用の機会を待って採用試験に挑戦し無事入社。ガソリンスタンドで仕事をしながら地域の方や色々な会社と接点を持っていたので、現在ではその人脈を活かしながら営業職としての仕事に日々尽力しているそうです。
●水道工事会社からLPガス会社へ(32歳 埼玉県狭山市在住)

大学卒業後、水道関係の設備メーカーに勤務。メーカー時代は商品開発部門に3年間勤務をし、その後会社のジョブローテーション制度によって子会社である水道工事会社へ出向。水道工事会社では、主に自社製品を購入いただいたお客さんを中心に、アフターメンテナンス訪問や詰まり修理などのサービスマンとして勤務。実務をこなしながら、給水装置工事主任技術者の資格を取得。親会社への配属転換を希望していたが、なかなかその希望が通らず転職を検討。商品知識や工事の技術、お客さんとのコミュニケーション力を活かしたいと考え、転職サイトで情報収集をしている際にLPガス会社の工事と営業を行う求人を見つけ応募。メーカー時代に何度か商品開発に関するヒアリングを行った会社であったため、会社方針や社風に対する事前知識を活用して面接に合格。水道関係の知識や経験の深さは社内でも評価され、同僚から同行やアドバイスを求められることも少なくないそうです。
●太陽光発電の営業会社からLPガス会社へ(39歳 神奈川県平塚市在住)

大学を卒業した後、住宅、車と個人向け営業を行う会社を2社経験。その後、3社目に転職した会社が個人住宅をメインに太陽光発電の営業を行う会社だったが、強引な営業手法と営業成績のみに偏りすぎた会社の考え方に不満を感じ転職を検討。LPガス会社では、基本給に加えて新規顧客獲得件数に応じた歩合給が支払われるバランスに魅力を感じ、前職での経験やノウハウを活かして営業職して頑張っているそうです。

LPガス会社の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2015-2018 LPガス会社転職ランキング All Rights Reserved.