20代のLPガス会社の求人

LPガス会社求人TOP >> 年齢別の転職例 >> 20代でのLPガス会社の転職例

20代のLPガス会社の求人

●地元のLPガス会社から広域展開をしているLPガス会社へ (22歳 群馬県前橋市在住)

高校卒業後に出身地である群馬県前橋市のLPガス会社に就職。もともと人と接することが好きなのと、地元で仕事がしたいと思っていたことが入社のきっかけです。社員数が12名の小さな会社で、営業職としての採用でした。採用時にも営業をしながら様々な仕事をしてもらうと説明を受けていましたが、入社後は本当に色々な仕事を経験しました。実態としては営業職とは名ばかりで、ボンベの配送や簡単な工事はもちろんのこと、未払いのガス代金の回収なども仕事の大きな時間を占めていました。20歳を過ぎた頃から元々希望をしていた営業活動に時間が割けないことと、自分のキャリアパスが見えないことから転職を考え始めました。情報収集をしている時に、関東圏で展開しているLPガス会社の営業職の求人を見つけ、面接時には役割分担が明確にされている会社で年齢が近い社員と切磋琢磨したいという思いを伝え、無事に採用が決定しました。初めの配属先として地元の前橋市の店舗に配属となり、営業職として日々邁進しているそうです。
●住宅設備会社からLPガス会社へ(29歳 埼玉県川口市在住)

大学卒業後、住宅設備会社へ就職。営業職として仕事をしながら、会社の研修制度や実務経験を活かして給水装置工事主任技術者、電気工事士等の資格を所得。25歳で結婚し、2年後に念願の第一子が誕生。勤めていた住宅設備会社は全国転勤がある会社だったが、子どもが成長していくにつれ、住宅の購入等を検討するようになり転勤が無い会社への転職を検討。設備会社で培ったスキルや資格を活かして仕事をしたいと考え、地域密着型経営を掲げていたLPガス会社への転職を決意。丁度リフォーム事業に力を入れていきたいと考えていた同社との意向にも合い、採用が決まったとのことです。
●バスの運転手からLPガス会社へ(27歳 東京都葛飾区在住)

大学を卒業した後、都内の旅行会社にて長距離バス運転手として勤務。仕事や職場の人間関係に大きな不満は無かったが、不規則な勤務体系による疲労と仕事を通じての自己成長の難しさを感じ、丁度知人の紹介を受けたLPガス会社へ転職。転職後は運転手としての経験があるということで配送スタッフ職として配属されたが、体力と持ち前の人柄を活かしたコミュニケーションがお客さんの好評を集め、転職後2年目からは配属転換による営業職として悪戦苦闘する毎日とのことです。

LPガス会社の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2015-2018 LPガス会社転職ランキング All Rights Reserved.